米現地時間1月27日に行なわれたSAGアワード(全米映画俳優組合賞)の授賞式で、映画『君の名前で僕を呼んで』の俳優ティモシー・シャラメが授賞式の進行そっちのけで「ある事」に没頭する姿に、ファンからツッコミが殺到している。(フロントロウ編集部)

「何を読んでるの?」と話題に

 全米映画俳優組合に加盟する俳優たちの投票によって、優秀な作品や俳優が決められるSAGアワード(全米映画俳優組合賞)の授賞式で、今最も注目の若手俳優の1人であるティモシー・シャラメが授賞式の進行そっちのけで「ある事」に没頭する姿が話題になっている。

 その決定的瞬間を収めた写真がコチラ。

画像1: twitter.com
twitter.com

 同じテーブルに座っていた2月1日公開の映画『メリー・ポピンズ リターンズ』などの出演作で知られる女優のエミリー・ブラントやその夫で俳優のジョン・クラシンスキーら、周りの人たちがみんな顔を上げてステージの方を向いているのに対し、ティモシーは下を向いて冊子のようなものを熟読。

画像2: twitter.com
twitter.com

 この写真を米Entertainment Weeklyがツイッターにアップするや否や、ファンから「台本?」「明日、学校のテストがあるとか?」「授賞式そっちのけで勉強するティモシー(笑)」「一体、何を読んでるの?」などといったツッコミが殺到。

 ちなみに、ティモシーがこの時読みふけっていたのは授賞式のプログラムだったよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.