人気俳優のマイケル・B・ジョーダンが、SAGアワードに出席。その時着用していたアイテムに注目が集まっている。(フロントロウ編集部)

 現地時間1月27日に開催されたSAGアワード(全米映画俳優組合賞)に出席した俳優のマイケル・B・ジョーダン。彼は自身が出演した映画『ブラックパンサー』が、映画部門のキャスト賞を受賞。

画像: 『ブラックパンサー』のキャストたち。

『ブラックパンサー』のキャストたち。

 そんなマイケルが晴れの舞台で選んだ衣装は、普通のスーツだけれど一風変わったアイテムをスーツの上から着用した。それは、ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)の花柄のハーネス。

画像1: マイケル・B・ジョーダン、スーツの上から「悪目立ち」アイテムを装着【SAGアワード2019】

 以前ゴールデン・グローブ賞の授賞式で、俳優のティモシー・シャラメが黒のハーネスを着用していたことは記憶に新しいけれど、マイケルが着用しているハーネスは、なんといっても花柄。悪目立ちしてしまう花柄のハーネスだけれど、マイケルはスーツのジャケットを脱いでもハーネスを脱ぐことはなかった。

画像2: マイケル・B・ジョーダン、スーツの上から「悪目立ち」アイテムを装着【SAGアワード2019】

 ちなみにSAGアワードの裏側では、ティモシーとマイケルは舞台裏で遭遇。そして同じくハーネスを着用した者通し仲良く写真撮影を行なった。

画像3: マイケル・B・ジョーダン、スーツの上から「悪目立ち」アイテムを装着【SAGアワード2019】

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.