上手にアイラインを描きたいけれど、難しいと感じている人も少なくないのでは。人気ヴィクシーモデルのテイラー・ヒル、人気モデルのアシュリー・グラハム、人気シンガーのカミラ・カベロはくっきりパーフェクトなキャットラインが魅力的。失敗せずに大胆で魅力的なアイラインを描くためのコツを、セレブ担当のメイクアップ・アーティストが伝授!(フロントロウ編集部)
画像1: セレブのような超絶美アイラインを描くテク3つをプロが伝授

 人気ヴィクシーモデルのテイラー・ヒル、人気モデルのアシュリー・グラハム、人気シンガーのカミラ・カベロのアイラインは、大胆で跳ね上がったキャットラインがとても美しい。アイラインを引くときは手がぶれてラインがにじんだり、仕上がりのラインの形がいまいちだったり、苦手と感じている人も少なくないのでは。でも、プロでなくても失敗せずに上手にアイラインを描くコツがあるという。

画像2: セレブのような超絶美アイラインを描くテク3つをプロが伝授
画像3: セレブのような超絶美アイラインを描くテク3つをプロが伝授

1.アイライナーはリキッドを使う

 アイライナーにはリキッドタイプ、ペンシルタイプ、パウダータイプといろいろあるけれど、ハッキリとしたキャットラインには黒または茶色のリキッドタイプのアイライナーが好相性。「リキッドライナーは目を大きく、よりハッキリと見せることができる」と米メディアmarie claireに語るのはセレブを担当するメイクアップ・アーティストのサラ・ルセロ。使い方は、まつ毛の生え際にリキッドライナーのペン先を軽く、でもしっかりと当てて引くようにすると良いとアドバイス。そうするとラインはくっきり太くなるという。

画像: 1.アイライナーはリキッドを使う

2.マスカラを先に塗る

 マスカラとアイライン、どちらを先にするかは好みだけど、サラはマスカラを先に塗るのをオススメ。マスカラをつけると目がよりはっきり大きく見えるので、仕上がりのゴールのイメージをつかみながらアイラインを描けるという。

画像: 2.マスカラを先に塗る

3.アイラインをぼやけさせないワザ

 完璧だったはずのアイラインなのに、時間が経ってふと見たらにじんでぼやけていることも。メイクアップ・アーティストのジェイミー・ドールマンはクリームアイシャドウを下地に使って、さらに、リキッドのアイライナーの上にダークカラーのアイシャドウでアイラインをカバーする方法をオススメ。アイライナーの持ちをアップさせるという。

画像: 3.アイラインをぼやけさせないワザ

 気になるテクがあったら、参考にしてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.