音楽賞で最も権威があると言われているグラミー賞の主要4部門の1つである年間最優秀アルバム賞。今年は多くの若手アーティストが大健闘しており、ノミネートされた8アルバム中4アルバムに30歳以下のアーティストが関わっている。そんな年間最優秀アルバムにノミネートされているアーティストのMVを紹介。(フロントロウ編集部)

『インベージョン・オブ・プライバシー』:カーディ・B

カーディ・Bのデビューアルバムが、年間最優秀アルバム賞にノミネート。カーディは、今回のグラミー賞で主要2部門を含む5部門にノミネートを果たすという見事な活躍を見せている。

画像: Cardi B - Bodak Yellow [OFFICIAL MUSIC VIDEO] www.youtube.com

Cardi B - Bodak Yellow [OFFICIAL MUSIC VIDEO]

www.youtube.com

『バイ・ザ・ウェイ、アイ・フォーギブ・ユー』:ブランディ・カーライル

グラミー賞授賞式でパフォーマンスを予定しているブランディ・カーライルは、主要4部門中新人賞以外の3部門にノミネートされている唯一の女性アーティスト。

画像: Brandi Carlile - Party Of One feat. Sam Smith (Official Video) www.youtube.com

Brandi Carlile - Party Of One feat. Sam Smith (Official Video)

www.youtube.com

『スコーピオン』:ドレイク

アルバム『スコーピオン』に収録されている楽曲は、全25曲が同時にチャートインするほどヒット。Spotifyをはじめ、Apple Musicなどのストリーミングサービスで何度も記録を樹立。

画像: Drake - In My Feelings www.youtube.com

Drake - In My Feelings

www.youtube.com

『H.E.R』:ハー(H.E.R.)

13歳でBET Awardsでのパフォーマンスを担当し、若くして大きな舞台で活躍しているH.E.R.のファーストアルバム。今回の年間最優秀アルバム賞のノミネートの中では最年少の22歳。

画像: H.E.R. - Changes (Audio) www.youtube.com

H.E.R. - Changes (Audio)

www.youtube.com

『ビアボングズ & ベントレーズ』:ポスト・マローン

『ビアボングズ & ベントレーズ』は、ヒップホップだけではなく、様々なジャンルをクロスオーバーした楽曲が収録されている注目の1枚。

画像: Post Malone - Psycho ft. Ty Dolla $ign www.youtube.com

Post Malone - Psycho ft. Ty Dolla $ign

www.youtube.com

『ダーティー・コンピューター』:ジャネール・モネイ

ブライアン・ウィルソンといった大御所から、ファレル・ウィリアムス、ゾーイ・クラヴィッツまで、幅広い年代のアーティストとのコラボを果たしたアルバム。

画像: Janelle Monáe - I Like That [Official Music Video] www.youtube.com

Janelle Monáe - I Like That [Official Music Video]

www.youtube.com

『ゴールデン・アワー』:ケイシー・マスグレイヴス

ハリー・スタイルズのツアーでサポートアクトを務めた経験があるケイシー・マスグレイヴスがノミネート。昨年には、フジロックで来日も果たしている。

画像: Kacey Musgraves - High Horse (Official Music Video) www.youtube.com

Kacey Musgraves - High Horse (Official Music Video)

www.youtube.com

『ブラックパンサー:ザ・アルバム』

近年サウンドトラック・アルバムのセールスが好調なのを証明するかのように、映画『ブラックパンサー』のサントラがノミネート。

画像: The Weeknd, Kendrick Lamar - Pray For Me (Audio) www.youtube.com

The Weeknd, Kendrick Lamar - Pray For Me (Audio)

www.youtube.com

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.