エアロスミスのスティーヴン・タイラーが、リハーサル中に乙女のようなヘアアクセサリーを使用していたところをキャッチ。(フロントロウ編集部)

 昔からロングヘアを貫いているエアロスミスのフロントマンであるスティーヴン・タイラー。彼はエアロスミスとしてスーパーボウルの前夜祭とも言える音楽フェス「Bud Light Super Bowl Music Festival」に出演。

 そのフェスのリハーサルで、タイラーはあるものを身につけている姿を目撃された。そのあるものとは、水玉模様のシュシュ。

 ステージ上のスティーヴンとは違い、リハーサルではこの可愛らしいシュシュで髪の毛を結いセットリストなどを見てギターのジョー・ペリーと打ち合わせ。70歳になってもなおオシャレを忘れずにいるスティーヴンにとって、「水玉のシュシュ」は必需品のよう。

 ちなみにスティーヴンは以前も乙女な幾何学柄のピンクリボンで髪の毛をハーフアップにした姿が目撃されており話題を集めた。

画像: スティーヴン・タイラー、「水玉のシュシュ」で乙女度加速

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.