肌の赤みや目の下のクマ、吹き出物など、ファンデーションでは隠しにくいエリアをカバーしてくれる、コンシーラー。でもコンシーラーって、時間が経つと白浮きしてしまったり、ヨレてしまったりと意外と難易度が高い。

 そんなお悩みを解決する使い方を、人気シンガーのビヨンセの専属メイクアップアーティストが伝授!(フロントロウ編集部)

画像1: 失敗しない、正しいコンシーラーの使い方知ってる?

 ビヨンセの専属メイクアップアーティストをはじめ、さまざまな人気セレブのメイクを手掛けるサー・ジョンは、「コンシーラーは2つのタイプを使い分ける必要があるんだ」と米メディアRefinery29にコメント。

 続けてサー・ジョンは、「ひとつはピンポイントでカバーするためのもの。もうひとつはハイライト効果と顔の骨格を引き立たせるものだ」と話し、ハイライト効果で使うときには、目の下に4つくらいの小さな点を作るように使っていると明かした。

 コンシーラーをぼかす時に使う筆については、平筆ではなく、柔らかい毛質のアイシャドウブラシを使うと良いとアドバイス。硬いブラシよりもキメ細かくぼかすことができ、ムラなくキレイに伸ばせるそう。

画像2: 失敗しない、正しいコンシーラーの使い方知ってる?

 また彼は、ビューティーブロガーたちがインスタグラムの動画でコンシーラーを顔中に塗っているのを見て「正直、引いてしまう」とコメント。もともと、顔にはそんなにたくさんのコンシーラーをつける必要はないと話した。

コンシーラーのヨレ・シワ対策は?

 コンシーラーをつけたときに悩みであるヨレやシワについても、サー・ジョンが対策をアドバイス。

 まず、コンシーラーを使いすぎると必ずヨレたりシワになったりするため、使うときは少量にすることがポイントだと念を押しつつ、「パウダーをのせるのはTゾーンだけにしておいたほうがいいよ」と、パウダーがシワとヨレを引き起こすと言及。

画像: コンシーラーのヨレ・シワ対策は?

 そのため、目の周りに使うパウダーは乾燥しやすいプレストタイプのパウダーではなく、軽めのトランスルーセント(半透明)タイプのパウダーを使用することでシワができにくくなるという。

 メイクを美しく仕上げてくれる一方で、使い方を間違えると逆効果になってしまうコンシーラーだけれど、プロ直伝の正しい使い方さえ覚えておけば、これからは強い味方になってくれること間違いなし。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.