注目の若手ラッパー、カーディ・Bがグラミー賞授賞式で、「自家用ジェットとモーニングセックスが好き」など過激な内容の歌詞が出てくる大ヒット曲「Money(マネー)」のパフォーマンスを披露した。(フロントロウ編集部)

圧巻のパフォーマンスに拍手喝采

 米ロサンゼルスで開催されているグラミー賞授賞式で、主要部門を含む5部門にノミネートされているカーディ・Bが大ヒット曲「Money(マネー)」のパフォーマンスを披露。

画像1: 圧巻のパフォーマンスに拍手喝采

 「自家用ジェットとモーニングセックスが好き/でもお金に勝るものはこの世にない」、「カーディがブレイクしたって聞いた/イエー、ブレイクしたわ」、「ギャラはたっぷり、分厚い札束」といった、お金にまつわる過激な内容の歌詞がずらりと並ぶことで知られる同曲。

画像2: 圧巻のパフォーマンスに拍手喝采

 授賞式の模様が全世界に生中継されていることを考えると、「モーニングセックスが好き」というフレーズは少々生々しすぎる気もするが、Fワードのような放送禁止用語ではないので、カーディは冒頭から躊躇なく「セックス」という言葉を口に。

画像3: 圧巻のパフォーマンスに拍手喝采

 カーディ自体の人気が高いこともあるが、圧巻のステージでツイッターのトレンド入りを果たすほど、パフォーマンス後の反響がスゴイことになっている。一部でカーディのラップが「口パク」だったことを批判する声も上がっているが、衣装やダンス、演出など総合的に見て「良かった」という声のほうが多い。

画像4: 圧巻のパフォーマンスに拍手喝采

 ちなみに、会場には昨年末に離婚宣言をしたはずの夫でラップグループ「ミーゴス」のメンバー、オフセットの姿もあり、カーディのパフォーマンス中、終始ノリノリな様子だった。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.