ディズニーの名作アニメ『アラジン』の実写版の最新予告編が公開。これまで人間のフリをしたジーニーの姿しか公開されていなかったが、ついに青色になったジーニーがお披露目された(フロントロウ編集部)

 日本でも2019年6月7日に公開されることが決定した映画『アラジン』は、昨年末に劇中のファーストルックを公開したけれど、ウィル・スミス演じるランプの精ジーニーの姿が、アニメ版の青い姿ではなく人間のような姿をしたためファンを困惑させた。

 その後ウィルは「(ファーストルックで公開された)あの姿はジーニーが人間のフリをしている最中の写真なんだ」とコメントしたが、なかなか青色のジーニーの姿はお披露目されなかった。ところが今回、最新の予告編ではついに青色のジーニーが登場。

画像: Disney's Aladdin - Special Look: In Theaters May 24 www.youtube.com

Disney's Aladdin - Special Look: In Theaters May 24

www.youtube.com

 ウィルは自身のインスタグラムに「青色になると言っただろ!!普段からもっと信じてくれないと」と冗談交じりにコメントし、最新の予告編をアップした。

 映画『アラジン』アメリカでは5月24日に公開され、日本では6月7日に公開される。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.