グラミー賞授賞式で視界を務めたアリシア・シーズが、アワード直後に新曲「レイズ・ア・マン(Raise A Man)」をリリースした。(フロントロウ編集部)

「レイズ・ア・マン」をサプライズ発表

 今年で61回目を迎えたグラミー賞授賞式で司会者を務め、パフォーマンスでは2つのピアノを同時に演奏し、名曲をメドレーで披露したアリシア・キーズ

画像1: 「レイズ・ア・マン」をサプライズ発表

 ホストとして素晴らしい任務を終え、パフォーマンスでは見るものを圧巻させたアリシアが、アワード直後に新曲「レイズ・ア・マン」をサプライズリリースしてファンを喜ばせた。

画像2: 「レイズ・ア・マン」をサプライズ発表

 同曲は、メロウなピアノの伴奏に乗せて、夫、そして子供への愛情を歌い上げる、約6分のエモーショナルなラブソング。

 「自立していないけど大丈夫?弱点を見せても大丈夫?会うのが待ちきれなくても大丈夫?今の時代に男の人を愛しても大丈夫?もし理解してくれるなら、手をあげて」といったエモーショナルな歌詞が続く。

 ジャケット写真には、アリシア自身とプロデューサーであり夫スウィズ・ビーツとの2人の息子が登場している。

画像: Alicia Keys - Raise A Man (Audio) www.youtube.com

Alicia Keys - Raise A Man (Audio)

www.youtube.com

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.