日本時間11日に行なわれた第61回グラミー賞授賞式。今年はいくつかのヒップホップ楽曲が、快挙を成し遂げた。(フロントロウ編集部)

 2019年第61回グラミー賞授賞式が日本時間11日に行なわれ、その多様性に富んだパフォーマンスやゲストが呼ばれたことが話題になった。

画像1: 2019年グラミー賞でヒップホップ勢の「初快挙」が連続!

 その中でも特に話題になっているのが、黒人ラッパーのチャイルディッシュ・ガンビーノ。彼のシングル曲「ディス・イズ・アメリカ」が、ヒップホップ楽曲として史上初の、主要部門の2つである年間最優秀レコード賞と年間最優秀楽曲賞を受賞した。

画像: Childish Gambino - This Is America (Official Music Video) www.youtube.com

Childish Gambino - This Is America (Official Music Video)

www.youtube.com

 その過激なミュージックビデオで「これがアメリカ(ディス・イズ・アメリカ)」とシンプルに銃社会や人種差別に警鐘を鳴らし、発表時から称賛されたこの作品。ドナルド・グローヴァーの名で俳優活動も行なっているチャイルディッシュは、チャイルディッシュとしての活動からは2018年をもって終了しているにもかかわらずの受賞になり、引退してもなおその存在感を見せつけた。 

画像2: 2019年グラミー賞でヒップホップ勢の「初快挙」が連続!

 また、カーディ・Bが女性ソロアーティストとして初めて、最優秀ヒップホップアルバム賞を受賞。カーディは、受賞したアルバム『インベージョン・オブ・プライバシー』の制作時に妊娠が発覚した娘のカルチャーちゃんに「ありがとうと言いたい」と、受賞スピーチで涙ながらに話した。

画像3: 2019年グラミー賞でヒップホップ勢の「初快挙」が連続!

 チャイルディッシュはラッパーとして初、カーディは女性として初と、マイノリティの「初快挙」が目立った2019年グラミー賞。ヒップホップ界の盛り上がりが、60年以上のグラミー賞の歴史に変化を作った。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.