ジュリア・ロバーツ主演、衝撃的なストーリー展開が話題の映画『ベン・イズ・バック』。その日本語版予告編が公開された。(フロントロウ編集部)

 ジュリア・ロバーツが母親ホリー役でキャリア史上最高と評される演技をみせ、期待の若手俳優ルーカス・ヘッジズが苦悩する息子ベンを演じきり批評家から高く評価されている映画『ベン・イズ・バック』。

画像: 最高に苦しくて、最高に感動、『ベン・イズ・バック』の日本語予告が公開

 ストーリーの主役は、ジュリア演じるホリー。依存症の治療施設にいたはずの息子ベンが突然帰ってきたことにホリーは喜ぶが、過去に様々な問題を起こしているベンの滞在は、街に住む様々な人たちに不穏な空気をもたらしていく。過去に苦しめられるベンを献身的に支えるホリーなのだが…。

画像: 『ベン・イズ・バック』予告編 www.youtube.com

『ベン・イズ・バック』予告編

www.youtube.com

 ジュリアは撮影を振り返り、「大変な役だったわ。大人になった子を持つ母親役は新鮮だったの。自分の意見を持っていて、親とは別の生活があるからね」とコメント。ジュリアは、プライベートでは今年15歳になる双子と12歳の男の子という3人の子供を持つ母親。思春期まっただ中の自身の子供たちと、ベンとの接し方の違いに苦労したことを匂わせた。

 母と息子の感動の再生ストーリー、映画『ベン・イズ・バック』は5月24日に全国ロードショー。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.