ドラマ『THIS IS US 36歳、これから』で、マンディ・ムーアと共演したマイロ・ヴィンティミリアが、彼女を擁護するコメントをした。(フロントロウ編集部)

 女優のマンディ・ムーアは先日、元夫ライアン・アダムスの長年にわたる性的不品行と女性支配を他の被害女性6人と共に告発した。しかしライアンは疑惑を否定している。

画像1: 『THIS IS US 36歳、これから』マイロ・ヴィンティミリア、被害告白の『妻』を「誇りに思う」

 そんな辛い戦いの最中にいるマンディを、『THIS IS US 36歳、これから』で彼女と共演したマイロ・ヴィンティミリアが擁護した。2人は、同ドラマでジャックとレベッカの夫婦役として共演している。

画像2: 『THIS IS US 36歳、これから』マイロ・ヴィンティミリア、被害告白の『妻』を「誇りに思う」

 先日米NBCが開催したイベントに登場したマイロは、マンディについてこう語った。

「あることについて正直に話せるようになるために、人には乗り越えてきた日々がある。マンディは優しくて刺激的な女性だよ。マンディがマンディでいられることを、心から誇りに思うよ。もし誰か辛い思いをしている人に、ひとりじゃないよって伝えることができるのなら、それは偉大なことだよね」

 自身も顔面麻痺を患いながらも、俳優として第一線で活躍してきたマイロ。苦難を乗り越えようとしているマンディにエールを送った。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.