ボーカルを亡くしリンキン・パークとしての活動が休止しているなか、マイク・シノダが新しいボーカルの加入の可能性について語った。(フロントロウ編集部)

 チェスター・ベニントンは、リンキン・パークの唯一無二のボーカルとして活躍していたが、2017年にこの世を去ってしまうことに。そのためチェスターを亡くしたリンキン・パークは、2017年以降アルバムが出ておらずソロとして各々が活動している。

 そんななか、リンキン・パークのメンバーであるマイク・シノダが、新しいボーカルの加入の可能性について米Consequence of Soundに語った。マイクは新しいボーカルについて聞かれると「それは今の僕のゴールではないよ。その時は自然に来ると思うんだ。そしてもし性格やスタイルがフィットした良い人が見つかったら、誰かと何かをやってみることもあるかもしれない」と語り、続けて「チェスターの代わりという風には考えたくない」と複雑な胸の内を明かした。

画像: マイク・シノダ、リンキン・パークの新ボーカル加入の可能性について語る

 このインタビューが出た数日後に、リンキン・パークのボーカルを探しているというウワサが出回り、マイクは自身のツイッターでも「僕たちは新しいシンガーを探していない」ときっぱりと断言。悲劇の出来事から早2年が経とうとしている今、リンキン・パークとしての活動を心待ちにしているファンも多いけれど、バンドとして活動するにはもう少し時間が要するよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.