世界的人気を博した兄弟バンド、ジョナス・ブラザーズが6年ぶりの新曲「サッカー(Sucker)」をリリース! そのMVにメンバーたちの実生活におけるパートナーがサプライズ出演。(フロントロウ編集部)

 今から約10年ほど前に社会現象を巻き起こしたケヴィン&ジョー&ニックからなる兄弟バンドのジョナス・ブラザーズが約6年ぶりに再結成。

 フロントロウでは、復活のウワサに加え、彼らが3月1日に新曲をリリースすることをお伝えしていたが、予兆通り、新曲「サッカー(Sucker)」が解禁となった。

 音源とともに公開されたMVには、長男のケヴィン・ジョナスの妻で、彼らの夫婦生活を追ったリアリティ番組『Married to Jonas(マリード・トゥー・ジョナス)』にも出演したダニエル・ジョナス、次男のジョー・ジョナスの婚約者でドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』や映画『X-MEN』に出演するイギリス人女優のソフィー・ターナー、そして、三男ニック・ジョナスと2018年12月に結婚したばかりのドラマ『クワンティコ/FBIアカデミーの真実』のインド人女優プリヤンカ―・チョープラ―が出演している。

 リアーナやエミネム、セレーナ・ゴメスらのMVを手がけたことでも知られる売れっ子MVプロデューサーのアンソニー・マンドラーが手がけた映像の中で、ジョナス・ブラザーズとその“妻”(ソフィーに関してはジョーの将来の“妻”)たちが、ハイファッションブランドの衣装に身を包み、中世ヨーロッパ風の大邸宅を舞台にさまざまな表情を見せている。

画像: 左から:ケヴィン&ダニエル、ジョー&ソフィー、ニック&プリヤンカ―。

左から:ケヴィン&ダニエル、ジョー&ソフィー、ニック&プリヤンカ―。

 2013年のグループ解散後、ジョーはファンク・ポップ・バンドDNCE(ディー・エヌ・シー・イー)を結成してボーカルを担当。ニックは、ソロシンガーとしてスウェーデンの女性歌手トーヴ・ローとのコラボ曲「クロース」を含む合計4曲をリリース。ケヴィンは音楽活動からは距離を置いていたものの、不動産関連会社やマーケティング会社を立ち上げたり、レストラン検索アプリの開発に携わるなど、エンタメとは別の分野で活躍の幅を広げていた。

 6年の時を経てそれぞれパワーアップした兄弟3人が、再び力を合わせた新曲「サッカー」。彼らの伴侶たちも、MVに“友情出演”ならぬ“愛情出演”を果たすことで、ジョナス・ブラザーズの再出発をフルサポートしている。

 ちなみに再結成に際して、グループ名を「ジョナス(Jonas)」に変更すると言われていたが、現時点では公式SNSなどの表記は「ジョナス・ブラザーズ(Jonas Brothers)」のままとなっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.