アメリカ全土を騒がせている、高額な報酬による名門大学への不正入学斡旋問題。逮捕された有名女優たちに、裁判所が高額の保釈金を提示した。(フロントロウ編集部)

 名門大学への裏口入学を斡旋していた進学相談会社の経営者の男が逮捕され、世間を騒がせているこの事件。彼に不正行為を依頼した顧客リストには、ドラマ『フルハウス』とスピンオフ作品の『フラーハウス』でレベッカ役を演じる女優のロリ・ロックリンや、ドラマ『デスパレートな妻たち』でリネット役を演じたフェリシティ・ハフマンの名前があり、話題になっている。

画像1: 娘を裏口入学させた『フラーハウス』女優、1億円の保釈金を支払い保釈

 ロリと夫は2人の娘を名門大学に入学させるために、裏口入学を仲介していた50代の男に総額約5,500万円を支払ったとみられている。

 カナダのバンクーバーでドラマの撮影をしていたロリは、この事件のためにアメリカに一時帰国。夫と共にそのまま逮捕されたが、約1億1,000万円の保釈金を払い保釈された。また、彼女の夫も同じ金額の保釈金を支払い、2人合わせて約2億2,000万円を支払ったとみられている。

画像2: 娘を裏口入学させた『フラーハウス』女優、1億円の保釈金を支払い保釈

 ロリは現在、2つのドラマと契約中であり、その撮影のためにふたたびバンクーバーに戻る必要がある。当初、彼女を担当した裁判官はロリにパスポートを持たせることに反対していたが、渡航前に撮影地と滞在期間を裁判所に申告するという条件で、バンクーバーに行くことが許可された。

 しかし、この問題に関わりのある家族以外と事件について話すことは禁じられているという。

 一方、裏口入学のために約170万円を支払った容疑でロリと同じく逮捕された『デスパレートな妻たち』のフェリシティも、約2,800万円の保釈金を支払って保釈された。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.