映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の最新予告編で、ついに『アベンジャーズ』シリーズに登場したブリー・ラーソン演じるキャロル・ダンバース(キャプテン・マーベル)。単独映画『キャプテン・マーベル』のキャロル・ダンバースとの決定的な違いとは?(フロントロウ編集部)

『A4』と『キャプテン・マーベル』との決定的な違い

 ついに日本公開が始まったマーベルMCU映画『キャプテン・マーベル』でオスカー女優ブリー・ラーソンが演じるキャロル・ダンバース(キャプテン・マーベル)が、4月26日公開の映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の最新予告編で、アベンジャーズと対面するシーンがお披露目された。

画像: Marvel Studios' Avengers: Endgame - Official Trailer www.youtube.com

Marvel Studios' Avengers: Endgame - Official Trailer

www.youtube.com

 クリス・ヘムズワース演じるソーから仲間入りが許されるシーンで登場したキャロル・ダンバースのルックスが、『キャプテン・マーベル』の時とは違うことで、一部ファンから厳しい指摘が寄せられている。

 『キャプテン・マーベル』でのキャロル・ダンバース(キャプテン・マーベル)は、スターフォースのグリーンのスーツや、キャプテン・マーベル用のブルー×レッドのスーツ、空軍時代のユニフォームといった衣装を着用し、メイクはいたってシンプル。

画像: Marvel Studios' Captain Marvel - Trailer 2 www.youtube.com

Marvel Studios' Captain Marvel - Trailer 2

www.youtube.com

 一方、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の予告編に映し出されたキャロル・ダンバースは、『キャプテン・マーベル』に比べると露出度が高いブラックのタンクトップを着用しており、メイクも、チークやアイライナー、赤リップなどを施し、より濃くなっている。

画像1: Marvel Studios/YouTube

Marvel Studios/YouTube

 『キャプテン・マーベル』は、MCU史上初となる単独の女性ヒーロー映画として大きく注目され、キャロル・ダンバースことキャプテン・マーベルは、アベンジャーズの誰よりも強いとされてきた。

画像2: Marvel Studios/YouTube

Marvel Studios/YouTube

 しかし、『アベンジャーズ/エンドゲーム』では、強そうなイメージよりも女性らしさが先行するような容姿になったことで、一部のファンから「なぜわざわざ“女性らしい”ルックスに変えたのか?」と疑問を投げかける意見が寄せられている。

 もちろん、メイクをしていてもヒーローの強さが変わるわけではない。MCU映画に登場するスカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウや、ヘイリー・アトウェル演じるペギー・カーターといった女性ヒーローも、バッチリメイクをしている。

 しかし今回は、フェミニスト色を強く打ち出した『キャプテン・マーベル』ではシンプルメイクだったにもかかわらず、『アベンジャーズ/エンドゲーム』ではメイクが濃くなったため、後者ではより“大衆向け”にするために容姿を変えたのではと問題になっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.