今年2月に授賞式が開催されたグラミー賞で、女性アーティストとして史上初めて「最優秀ラップ・アルバム賞」を受賞したラッパーのカーディ・Bが、アンチに対して感謝する意外な理由とは?(フロントロウ編集部)

カーディがアンチに「ありがとう!」

 米現地時間3月14日に開催された音楽の祭典「アイハートラジオ・ミュージック・アワード(iHeartRadio Music Awards)」で、ラッパーのカーディ・Bがヒップホップ・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(Hip Hop Artist of the Year)を受賞。

 残念ながら、多忙が理由で会場に駆けつけることができなかったカーディは、ビデオレターを通じて受賞スピーチを行なった。

 そのなかで、カーディは何があっても応援し続けてくれるファンだけでなく、自分のことを嫌うヘイターズ(Haters)と呼ばれるアンチに対しても「ありがとう」と感謝。その理由についてこう説明した。

 「アンチのみんなにも感謝しなきゃ。ずいぶん私のことを悪く言ってくれてるわね。でも、アンタたちの悪口が私にダメージを与えていると思ってるなら大間違い。むしろその逆でもっと頑張らなきゃと思う。もしすべての人たちから褒められたら、調子に乗ってたでしょうね。アハハハハ」

画像: カーディがアンチに「ありがとう!」

 じつは、昨年のアイハートラジオ・ミュージック・アワードで最優秀新人賞を受賞した際のスピーチでも、アンチに対する感謝の言葉を口にしていたカーディ。その時は、アンチの人たちは悪口を言いつつ、ちゃっかり「曲をダウンロードしてくれている=カーディが儲かる」からだと言っていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.