世界最大の子供の祭典と言われるキッズ・チョイス・アワード2019で、セレーナ・ゴメスが史上初の快挙を成し遂げた。(フロントロウ編集部)

ウィル・スミスを超える記録

 セレーナ・ゴメスが、2019年のキッズ・チョイス・アワード(KCA)にノミネートされた人のなかで最も受賞回数が多いセレブに認定された。

 セレーナは、声の出演を果たした2018年のアニメ映画『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』で、キッズ・チョイス・アワード2019のアニメ映画部門であるフェイバリット・フィーメール・ボイスを受賞。

 セレーナにとって11個目となるトロフィーを獲得したことで、同アワード史上最も多くトロフィーを持ち帰ったセレブに認定された。

画像1: ウィル・スミスを超える記録

 今回、最高記録を更新したセレーナに次いで上位を争っていたのはウィル・スミスで、ウィルはキャリアを通して10個のトロフィーを獲得している。

 ちなみにウィルは、ディズニーの新作映画『アラジン』のキャストとともにキッズ・チョイス・アワード2019に出席。ステージでは同アワードの名物行事である、全身スライムだらけになるスライム攻撃の洗礼を受けた。

画像2: ウィル・スミスを超える記録

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.