2017年にこの世を去ったリンキン・パークのチェスター・ベニントンの誕生日に、母親が最後に撮影した写真を公開した。(フロントロウ編集部)

息子の誕生日を祝うために約4カ月ぶりにツイッターを更新

 2017年7月20日に自ら命を絶ち、この世を去ったリンキン・パークのチェスター・ベニントン。2019年で彼の死から3年が経ち、生きていれば3月20日に43歳の誕生日を迎えるチェスターに対して母親のスーザンがツイッターで誕生日メッセージを送った。

 スーザンのツイッターは、2018年11月を最後にツイートが止まっていたけれど、チェスターの誕生日をお祝いすべく、スーザンが再びツイッターを更新。そして、「長い間投稿していなかったけれど、息子の誕生日を記念して私が元気だということと、チェスターが恋しいということを伝えたいわ。みんなが元気なことを望んでるし、みんなのことが大好き!チェスターも私たちに誕生日をお祝いしてほしいと思っているはずよ!」と息子の誕生日を祝福。

 続けてスーザンは「最後に私のビューティフルボーイと会った時のものよ。誕生日おめでとう。あなたは私が春の始まりに授かった最高の贈り物よ!愛しているしとても恋しいわ」と、最後にチェスターと撮影した貴重な写真を公開した。

 また、リンキン・パークで一緒に活動していたマイク・シノダも自身のツイッターで「誕生日おめでとう、チェスター。とても恋しいよ、バディー。チェスターを誇りの思う日にリンキン・パークのファンは何をする予定?」とコメントしてチェスターの誕生日をお祝いした。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.