連休中は、ホームパーティをしたり外食をする機会が増えるという人もいるのでは? 海外の専門家が、パーティフードで食べがちだけれど避けたほうが良い食べ物を紹介。(フロントロウ編集部)
画像: パーティフードで食べがち!だけど、避けたほうが良い食べ物って?

 普段の食事には気を使っている人も、友達と楽しく過ごすときには、カロリーは気にせず見栄えが良くて美味しい食べ物を選びがち。でも、太りやすいなどの問題だけでは済まない、身体に良くない食べ物があるという。

サラミ、ソーセージ

 サラミ、ソーセージはイタリアン料理店などでも人気の一品。自宅でもお皿に盛るだけでオシャレに見えるので、友達と過ごす時間にぴったり。だけれど、ダイエット本『ザ・ダイエット・デトックス(The Diet Detox)』の著者、ブルック・アルパートによると、加工肉に気をつけるべきだという。

画像1: サラミ、ソーセージ

 ブルックは、「加工肉には肉の外観を良くする目的や防腐剤のために亜硝酸塩が添加されているの。でもそれには、がんのリスクがあるのよ」と英メディアByrdieにコメント。

画像2: サラミ、ソーセージ

 また栄養学者のチャールズ・パスラーも、「ハーバード公衆衛生大学院の2010年の調査では、肉をソーセージなどに加工したことで心臓病のリスクが42%、2型糖尿病のリスクが19%増加したことが分かった」と話して、注意を促している。

電子レンジ用ポップコーン

 友達と自宅で映画を観るようなときやホームパーティで、電子レンジでポップコーンを作ると、膨らむ見た目もかわいいし、アツアツで美味しいから盛り上がる。けれど、この電子レンジで作るポップコーンも気をつけたほうが良いという。

画像1: 電子レンジ用ポップコーン

 チャールズは、「マイクロ波ポップコーンバッグに使用されている化学コーティングは、加熱することでがんを引き起こす可能性がある物質に分解される」とコメント。電子レンジで熱を加えることで、本来は口に入れたくない物質がポップコーンについてしまうという。

画像2: 電子レンジ用ポップコーン

 楽しい時間を過ごしているとつい、未来の健康のことについては考えないけれど、専門家の話を思い出して食べるものに気をつけてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.