キアヌ・リーブスの代表作である映画『マトリックス』の主演を、実は女優のサンドラ・ブロックが担当する可能性があったことが明らかになった。(フロントロウ編集部)

 1999年に公開された映画『マトリックス』は、ハリウッドスター、キアヌ・リーブスの代表作。シリーズ3作の累計興収は1,500億円を超え、キアヌ演じるネオの「マトリックス避け」と呼ばれる背中を反って弾丸を避けるポーズは、映画史に残るアイコニックなポーズ。真似したことがある人も多いのでは。

画像1: 『マトリックス』の主演候補は、キアヌ・リーブスではなくあの女優だった

 そんな『マトリックス』はなかなか主演が決まらず、ウィル・スミスなど多くの俳優たちに声がかかったことは、マニアなファンのあいだでは知られた話。しかしここにきて、アカデミー賞女優であるサンドラ・ブロックにも声がかかっていたことを、『マトリックス』のプロデューサーであるロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラが、米The Wrapに明かした。

 ロレンツォは当時のことを振り返り、「覚えてないくらい多くの人に声をかけたよ。かなり必死になっていたんだ」と主演探しの苦労を明かし、「僕たちはサンドラ・ブロックに声をかけ、『ネオを女性に変える』と伝えたよ」と衝撃の事実を告白。「(プロデューサーの)ジョエル・シルバーと僕はサンドラと映画『デモリションマン』で仕事をしたことがあって、彼女は当時から親しい友達だったんだ。だからサンドラのもとへ台本を持って行き、もし彼女が興味あるならば(ネオを女性に)変えようと思っていた」と続けた。

画像2: 『マトリックス』の主演候補は、キアヌ・リーブスではなくあの女優だった

 サンドラと言えば、1994年の映画『スピード』でキアヌと相性ぴったりの演技を見せた女優。そんなサンドラが一時はキアヌよりも有力な主演候補になっていたとは。まさに驚きのエピソード。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.