映画『ブロークバック・マウンテン』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、映画界を中心に活躍しているジェイク・ギレンホールが、米HBOが制作するドラマシリーズ『レイク・サクセス(Lake Success)』で本格的にドラマ界に進出することになった。

 ジェイク・ギレンホールは子役時代からハリウッド作品に出演していながら、ほとんどドラマに登場したことがない。これまでに映画俳優としてキャリアを重ねてきたジェイクが新たに主演するのは、2018年に出版されたゲイリー・シュタインガートの同名小説を下敷きにしたミニシリーズ『レイク・サクセス(Lake Success)』。

 同作でジェイクが演じるのは、ナルシストで自己欺瞞に満ち、辛さも感じずに離婚したバリー・コーエン。ヘッジファンド・マネージャーとして働く彼は家族と過去を捨て、大学時代の元カノを探し出し、罪を償うためにアメリカを横断するバスの旅に出る。ところが、マンハッタンではバリーの元妻シーマが自閉症の息子の子育てに苦労し、悲喜劇的な恋愛を始めていた…。

 ジェイクは主人公バリーを演じるだけでなく、原作者のシュタインガートや『死霊のはらわた リターンズ』のトム・スペジアリーと共同で製作総指揮も務める。

 25年以上の長いキャリアを持つジェイクがドラマシリーズに登場したのは、なんと2回だけ。1994年に放送された米NBCの犯罪捜査ドラマ『ホミサイド/殺人捜査課』で、ロビン・ウィリアムズの息子役を演じたのが初のドラマ出演に。その次は、2016年にオンエアされた米コメディ・セントラルのコメディドラマ『インサイド・エイミー・シュワイマー(Inside Amy Schumer)』に、本人役で出演したのが2度目となっている。

 『Lake Success』はミニシリーズのため、ジェイクはシーズンを重ねてドラマ作品に出演するわけではない。けれども、最近は『ホームカミング』に主演したジュリア・ロバーツや、『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』に出演したニコール・キッドマンやリース・ウィザースプーンなど、映画スターのドラマ出演が増えているため、ジェイクもこの流れに乗る形に。

 現時点では『Lake Success』が何話構成になりいつ放送されるかなどの詳細は未定。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.