最年少でコーチェラ・フェスティバルのヘッドライナーを飾ったアリアナ・グランデが、自身のインスタグラムにアップした、コーチェラの会場で撮影された写真に注目。(フロントロウ編集部)

アリアナがコーチェラでマック・ミラーを想う

 アメリカ最大級の音楽フェス、コーチェラ・フェスティバル(Coachella Valley Music and Arts Festival)の3日目に史上最年少のヘッドライナーとして登場したアリアナ・グランデのステージには、90年代に一世を風靡したイン・シンクをはじめ、ニッキー・ミナージュ、ディディなど、多くのアーティストが参加し、アリアナとの夢のコラボが実現。 

画像1: アリアナがコーチェラでマック・ミラーを想う

 多くの人を魅了し、音楽通たちを唸らせたアリアナは、自身のインスタグラムに様々なコーチェラの思い出をアップしていたけれど、ある1枚の写真に注目。その写真は、3日目に出演するアーティストのタイムテーブルが書かれているボードという何気ない写真。

 しかし、その写真に写る白のTシャツを着用している男性に注目。この男性が着用しているTシャツをよく見てみると、何やら円の中に文字が書いてあるのがわかる。じつはこのTシャツは、2018年9月にこの世を去ったアリアナの元恋人でラッパーのマック・ミラーのオフィシャルサイトで現在も販売されているもので、円の中にはマックのアルバム『スイミング』のトラックリストが書かれている。

画像2: アリアナがコーチェラでマック・ミラーを想う

 アリアナは男性が着ていたTシャツに黒のハートマークをつけて、自身のインスタグラムに写真を投稿。

 さらに、イン・シンクがツイッターで公開した写真によって、アリアナがバックステージでマックが生前応援していたNFLのチーム、ピッツバーグ・スティーラーズのスウェットシャツを着ていたこともわかった。

画像: twitter.com
twitter.com

 ちなみにこの日、ステージで大ヒット曲「サンキュー、ネクスト」を歌ったアリアナ。元カレへの感謝の気持ちを歌った同曲の歌詞の中でマックの名前が登場するのは有名な話。マックと一緒に訪れたこともあるコーチェラという思い出の場所で、マックにまつわる曲を歌ったアリアナが、マックの名前が歌詞に出てきた時に涙ぐみそうになる場面もあった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.