エル・ファニングとベン・フォスターが主演を務める映画『ガルヴェストン』から、特別映像をフロントロウが独占入手。(フロントロウ編集部)

『ガルヴェストン』5月17日に公開

 5月17日(金) に日本公開される映画『ガルヴェストン』から特別映像をフロントロウ独占で公開。

 映画『ガルヴェストン』は、ニック・ピゾラットのデビュー小説『逃亡のガルヴェストン』を映画化したもの。様々な映画祭に出品され高い評価を獲得した同作では、ボスの裏切りにあい、裏社会から追われる身となったロイ(ベン・ファスター)と、組織に囚われていた家出娘で、娼婦のロッキー(エル・ファニング)との、危険な逃避行が描かれる。

画像: 『ガルヴェストン』予告 www.youtube.com

『ガルヴェストン』予告

www.youtube.com

 主演を務めるのは、日本でも圧倒的な知名度と人気を誇る女優エル・ファニング

 透き通るような肌と天使のような笑顔でまるでファンタジーの世界から抜け出してきたような美貌を持つエルといえば、ディズニー映画『マレフィセント』でオーロラ姫を演じたように、正統派のイメージが強いけれど、最近ではサイコホラー映画『ネオン・デーモン』で奇抜なキャラクターを演じるなど、様々な役に挑戦している。

画像1: 『ガルヴェストン』5月17日に公開

 そんなエルが、映画『ガルヴェストン』で家族と上手くいかずに家出し、裏社会にどっぷり浸かる売春婦役を熱演。

 また、エルとともに逃亡劇を繰り広げるのは、『インフェルノ』『疑惑のチャンピオン』などで知られる実力派俳優のベン・フォスター。

画像2: 『ガルヴェストン』5月17日に公開
画像3: 『ガルヴェストン』5月17日に公開

 メガホンを取るのは、『イングロリアス・バスターズ』に出演するフランスを代表する女優で、監督としても高い評価を受ける才人メラニー・ロラン。エルとベンが奏でる繊細なストーリーテリングを盛り上げる映像美と、時に目を背けたくなるほどに荒々しく残酷なシーンを見事に描いた。

特別映像が解禁

 そんな本作から本編映像を特別に公開。今回フロントロウが独占公開する映像は、ロイの思い出の地であるガルヴェストンへと向かう道中で、ロッキーの自宅に立ち寄った際に起きた重要なキーパーソンが映されるシーン。

画像: 2 妹…? 銃声と少女 www.youtube.com

2 妹…? 銃声と少女

www.youtube.com

 お金と着替えを取りにロイを車に残して実家に戻ったロッキー。平屋に入っていく様子を見届けたロイは、カーラジオをつけ、煙草を一服し始めるが、突然目の前に見知らぬ少女が現れる。

 無表情で立ち尽くし、不気味にじっと見つめる少女に警戒していると、家の中から銃声音が。

 混沌とした状況下で、ロッキーは荷物と少女を抱えながら猛ダッシュで飛び乗り、車は緊急発進。ロイが「何事だ」と大声を張り上げると、ロッキーは「妹のティファニーよ。嫌なら降ろせばいい」と説明。続けて銃声について「彼は無事。継父よ、弾は外した」と発砲したことを打ち明ける。

 果たして妹ティファニーの存在は“天使”となるのか“悪魔”となるのか…。気になる行方は劇場で確認して。

画像: 特別映像が解禁

 映画『ガルヴェストン』は5月17日(金)より 新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国の劇場でロードショー。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.