英王室メーガン妃の母で、アメリカ在住のドーリア・ラグランドが、メーガン妃の出産に備えてロンドンに到着したことがわかった。(フロントロウ編集部)

メーガン妃出産まであと少し

 イギリスのロイヤルファミリーであるヘンリー王子との第1子の出産予定日を4月下旬に控えるメーガン妃

 待望のロイヤルベビー誕生まで残すところ数日となったなかで、メーガン妃の母ドーリア・ラグランドが米ロサンゼルスから英ロンドンに到着した。

 ロサンゼルスでソーシャルワーカー兼ヨガ講師をしているドーリアは、メーガンの妊娠を聞いて、「とても幸せで、初孫に会えることを楽しみにしている」という声明文を発表しており、その後も娘のメーガン妃を大陸が離れた遠くからではあるがサポートしてきた。

画像: メーガン妃出産まであと少し

 ヘンリー王子とメーガン妃との間に生まれる第1子については、生まれる場所すら明かされておらず、キャサリン妃のように退院後の写真撮影をしなければ、出産直後の王室による正式発表もないとも言われている。

 ほとんどの詳細がベールに包まれているけれど、妊娠中も公務に勤めていたメーガン妃は3月19日から公の場に登場しておらず、約1ヵ月前から事実上の育休に入っている。

 そんななかで母ドーリアがイギリスに降り立ったことから、メーガン妃は今にも出産するだろうと囁かれている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.