米ディズニーランドおよびディズニー・ワールドのマジックキングダム内にあるエリア「トゥモローランド」の敷地内に植えられている植物はじつは食べられる⁉︎(フロントロウ編集部)

近未来をテーマにしたエリアならではの特徴

 米カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドとフロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールドのマジックキングダム内にあるエリア「トゥモローランド」の敷地内に生えている"植物"には、近未来をテーマにしたエリアならではのヒミツがある。

画像: 近未来をテーマにしたエリアならではの特徴

 それはどれも「食用」であるということ。

 米Popsugarによると、トゥモローランドのコンセプトはディズニーランドの創設者であるウォルト・ディズニー氏が思い描いていた未来予想図がもとになっているそうで、"未来の農業"がより人々の生活に寄り添ったものになることを考え、トゥモローランドにはトウモロコシやレタス、リンゴの木といった、食用の植物が植えられているのだとか。

 ただし食用といっても、管理のために殺虫剤といった有毒な薬がまかれている可能性もあるため、実際に食べることはできないよう。仮にレタスなど見覚えのある葉っぱを見かけても、くれぐれも口にしないようご注意を。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.