28歳という若さでこの世を去ったプロデューサー兼作曲家のアヴィーチーが、この世を去って1年が経った。(フロントロウ編集部)

恋人や仲間が1周忌を追悼

 現地時間2018年4月20日に突然入ってきたアヴィーチー訃報。訪問先のオマーンの首都マスカットで自ら命を絶ち、ファンならずとも多くの人がアヴィーチーの早すぎる死を惜しんだ。

 そして2019年4月20日、アヴィーチーがこの世を去って早1年が経ったこの日、当時アヴィーチーと交際していたモデルのテレザ・カサロヴァが、1本の動画を自身のインスタグラムに公開。

 その動画に映っていたのは、アヴィーチーとテレザがデヴィッド・ゲッタとシーアがコラボした「チタニウム」を流しながら2人でじゃれ合っているという、今まで公開されてこなかったアヴィーチーのプライベート映像。

 テレザ以外にも仲間たちが1周忌を追悼しており、各々アヴィーチーとの思い出をSNSに投稿した。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.