以前、流行した胸元をグリッターやラインストーンでデコる「ディスコティッツ」が少々姿を変え、「グリッターブラ」へと進化!(フロントロウ編集部)

今年のフェスで“着けないブラ”が大流行の予感

 先日、粘着テープを体に直接貼って作る「粘着テープ水着」でフェスに参加する人が続出していることをフロントロウでお伝えしたが、手軽に盛れるアイテムとして人気の“グリッター”を使った、その名も「グリッターブラ」も同様に流行の兆しを見せていることがわかった。

 グリッターやラインストーン、ビジューでデコレーションしてブラレットのように仕上げた「グリッターブラ」は、今から約2年ほど前に話題になった「ディスコティッツ」のいわば進化版。遠目だとブラレットを着けているようにしか見えないが、実際には“ノーブラ”という、かなり過激で大胆なトレンドである。

 万人受けする流行ではないが、個々で色や形を自由自在にアレンジしてオリジナリティを発揮できることから、フェスのように大勢の人たちが参加するイベントで目立ちたい人のあいだでジワジワと人気が拡大中。

 ちなみに、今年のコーチェラ(※)でも、この「グリッターブラ」に挑戦する人たちの姿が多く見られた。
※アメリカ最大級の野外音楽フェス「コーチェラ・フェスティバル」のこと。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.