『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のファイナル予告が解禁!(フロントロウ編集部)

 ハリウッド版『ゴジラ』の第2作目となる映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の最新予告が公開された。

 5月31日に日米同時公開される同作は、2014年に公開されたハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の続編。

 前作から5年後の世界を舞台に、単なる伝説に過ぎないと思われていたモスラ、ラドン、キングギドラら、圧倒的なパワーを持つ怪獣たちが次々と復活し、世界の覇権をかけてゴジラと熾烈な戦いを繰り広げる。未確認生物特務機関「MONARCH(モナーク)」は、その争いによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようと奮闘するが…。

 今回公開された映画公開前最後の予告編となる約2分間の映像では、神にも匹敵する偉大な力を持つゴジラと、合計17体登場するという怪獣たちが激しいバトルを展開する様子が収録。思わず「さすがハリウッド版! 」と頷いてしまう、壮大なアクションシーンがてんこ盛りの映像となっている。

 日本ではゴジラ生誕65周年という記念すべき年に公開される同作では、Netflixの人気ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で天才子役としてブレイクしたミリー・ボビー・ブラウンがメインキャラクターに名を連ねるほか、前作でモナークに所属する生物科学者、芹沢猪四郎役を演じた日本人俳優の渡辺謙が同役でカムバック。さらに芹博士の助手であるヴィヴィアン・グレアム博士を演じた映画『シェイプ・オブ・ウォーター』の女優サリー・ホーキンスも続投する。

 本作を手がけたマイケル・ドハティ監督は、「怪獣たちは古代の神々である」、「古代において怪獣は崇拝される存在だった」という、怪獣という神聖なクリーチャーへの尊敬や畏怖の念とともにキャラクターデザインや演出をこだわり抜いたという。

 映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は、2019年5月31日(金)全国ロードショー。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.