ブラジルのビーチで目撃された露出魔。調子に乗って美しい女性に露出するも、完全に相手を間違えてしまったよう。(フロントロウ編集部)

変質者を女性が撃退

 暖かくなってくると度々耳にする不審者や露出魔の情報。とくにビーチやプールなどでは多く、運悪く遭遇してしまうことも。それは海外も同じのようで、ブラジルのビーチでジョイス・ビエイラという女性が友人と撮影していた時に、1人の男性に出会った。

 ジョイスが最初に男性を見た時、家族を待っているのかと思ったそうだけれど、男性は突然履いていたズボンを足首のあたりまで下ろすと、下半身を露出。そして、そのままアソコを触りながら自慰行為を開始した。ジョイスは男性にやめるように指示するも、その手は止まる様子もなく、しまいには「こっちへおいでよ」と、バカにされる始末。

 しかし、女性だからといってジョイスを侮蔑したのは、完全に間違い。なんとジョイスは、総合格闘技(MMA)の選手。怒ったジョイスは男性と殴り合いになると、野次馬に止められるほど男性をボコボコにしてしまった。その時の一部始終はこちら。

画像1: twitter.com
twitter.com
画像2: twitter.com
twitter.com
画像3: twitter.com
twitter.com

 その場から逃げられてしまったけれど、のちにこの男性は逮捕された。ジョイスはブラジルの新聞Folha de S.Pauloに、「パンチされて余計に私を怒らせたの。殺してしまいたかったわ」と、胸の内を明かした。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.