『メン・イン・ブラック』シリーズや『アイ・アム・レジェンド』で知られる俳優のウィル・スミスが主演を務める映画『ジェミニマン』の日本公開日が10月25日(金)に決定した。(フロントロウ編集部)
画像: ウィル・スミス主演のアクション映画『ジェミニマン』の日本公開が決定

 最近では映画『アラジン』のランプの精ジーニー役を務めたことで話題の俳優ウィル・スミス。『幸せのちから』といったヒューマンドラマからラブコメディ、さらにはアクションまで幅広いジャンルにおいて演技をこなすウィルは、最新作『ジェミニマン』で暗殺者を演じる。

『ジェミニマン』あらすじ

 ウィルが演じる暗殺者ヘンリー・ブローガンは、政府に依頼されたミッションの遂行中に何者かに襲撃されるが、その相手はなんと自分自身のクローンだった。クローン技術の巨大な陰謀に巻き込まれて、自分よりも25歳若い“自分”と戦うことになるが…。

 この作品で監督を務めるのは、映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』などで2度のアカデミー賞監督賞を受賞したアン・リー。撮影に120フレーム撮影や新しい3D技術を取り入れた同作品は、“誰も見たことのない未知の映像体験”ができる作品に仕上がっているという。

 最新技術を駆使して撮影され、現代のヘンリーと20代のヘンリーの息をのむような対決シーンや、迫力あるアクションが楽しめる『ジェミニマン』は10月25日本公開。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.