ディズニーランドで、ある違法な物を所持していたとして69歳の女性が身柄を拘束された。(フロントロウ編集部)

 米フロリダ州・オーランドにあるディズニー・ワールドで69歳の女性が「CBDオイル」を所持していたとして現地警察に逮捕された。

 CBDオイルとは、大麻草(カンナビス)から抽出されるオイルのことで、医療現場では以前から慢性痛や不安障害の治療に活用されてきたほか、最近では、ウェルネスやスキンケアのトレンドとして注目を集めている

画像: ディズニーランドで「あるもの」をバッグに忍ばせていた69歳女性が逮捕

 この女性は持病の関節痛を和らげるために医師の許可を得て、CBDオイルを日常的に使用していたと話しているが、ディズニー・ワールドがあるフロリダ州では大麻由来のCBDオイルの所持や使用は法律違反。

 マジック・キングダムの検問所で荷物チェックを担当した非番の警官が女性のバッグの中にCBDオイルがあるのを発見。

 検査の結果、多幸感を覚えるなどの作用がある有効成分テトラヒドロカンナビノール(THC)が検出され、さらに医師からの処方箋を提示することができなかったことから、女性はそのまま身柄を拘束された。

 米FOXの報道によると、女性は留置所で12時間過ごした後、2,000ドル(約22万円)の保釈金を支払って解放された。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.