そろそろ本格的に薄着になり、夏前に身体を引き締めたいとダイエットをはじめる人も多いのでは? ヴィクシーモデルがオススメする、たった1つのポーズで全身に効いてボディラインを引き締めるエクササイズを紹介。(フロントロウ編集部)
画像: たった1つのポーズでヤセる♡ヴィクシーモデル実践のかんたん全身引き締め法とは?

 ヴィクトリアズ・シークレットのエンジェル、ジャスミン・トゥークスジョセフィン・スクライバーは、一緒に開設したインスタグラムアカウントでたびたびエクササイズの様子を投稿。

 そのなかで、ジャスミンがたった1つのポーズで全身のシェイプアップにつながるエクササイズ法を紹介した。

シンプル、かんたんな「プランク(板のポーズ)」

 ジャスミンは、手の平と足の指だけを床につけて、そのほか全身は宙に浮かせて頭からかかとまでを1本の板のようにまっすぐに保つ、「プランク(板のポーズ)」を紹介。

 「プランク」とは、体幹トレーニングの基本メニューのひとつ。ヨガをはじめ、さまざまなエクササイズに取り入れられている。

 シンプルなポーズだけれど、ポーズをキープすることで腹筋や二の腕、背筋をはじめ全身の筋肉を鍛えることができて、シェイプアップできる。

画像1: シンプル、かんたんな「プランク(板のポーズ)」

 ジャスミンは、「プランクのポーズを取り入れたほうがいい、8つの理由があるのよ」とコメント。ジャスミンが説明する「プランク」から得られる効果は、

1、体幹を鍛える。
2、筋肉を強くする。
3、代謝を上げる。
4、背中の痛みを軽減する。
5、姿勢を改善する。
6、身体のバランスを整える。
7、骨や関節を健康に導くことができる。
8、気分を高めてストレスを軽減することができる。

 と、盛りだくさん。

画像2: シンプル、かんたんな「プランク(板のポーズ)」

 ポーズの取り方は、手は肩の真下に、手の平はしっかりと広げて、両手の指先がしっかり前を向くように床の上にセット。ひじの内側は向き合わせるようにして、腹筋に力を入れて全身を板のように平らに。もしお尻が浮いてきてしまったり、ポーズがキツいようなら膝を床につけて軽減させても良いという。

画像3: シンプル、かんたんな「プランク(板のポーズ)」

 手首や肘などを痛めないように、最初は20秒程度などできる範囲からはじめて、慣れてきたら少しずつ長くキープしてみては。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.