Photo:ゲッティイメージズ、ニュースコム、Instagram
現地時間5月8日にニューヨークで行なわれたルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)のクルーズコレクションに、テクノロジー時代のファッションを象徴するようなバッグが登場した。(フロントロウ編集部)

 人気セレブたちが大勢駆けつけたデザイナーのニコラ・ジェスキエールによるルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)の2020年クルーズコレクションでは、ニューヨークへのオマージュを捧げた60ものルックが登場し、80年代を彷彿とさせるパワーショルダーなどのスタイルが並んだ。

画像1: ルイ・ヴィトンがお披露目した最新バッグが近未来的すぎる

 毎シーズン話題になるバッグを発表するルイ・ヴィトンだけれど、今回のランウェイでは最新テクノロジーを駆使したバッグがお披露目された。

 2020年のクルーズコレクションで発表されたのは、LEDスクリーンが搭載されているバッグ。

画像: twitter.com
twitter.com

 写真で見るだけだと、ただの模様に見えるかもしれないけれど、動画でチェックすると、実際にバッグに搭載されているモニターに流れている映像が動いているのが分かる。

 さらにこのモニターはタッチパネル式になっているため、自分の手で実際にモニターを動かすことができるうえに、Wi-Fiも繋ぐことが出来る、まさに近未来的な逸品。

 じつはルイ・ヴィトンのランウェイにモニターつきのバッグが登場したのは今回が初めてではない。マーク・ジェイコブスがルイ・ヴィトンのデザイナーとして活躍していた2007年に発表された2008年春夏コレクションでは、『スポンジ・ボブ』の映像を流したモニターが埋め込まれた白のバッグをマークが手に持ちランウェイに登場している。

画像2: ルイ・ヴィトンがお披露目した最新バッグが近未来的すぎる

 その頃の物と比べるとバッグに内蔵されたモニターの映像はより鮮明になり、タッチパネルが搭載され格段とクオリティが上がっているのがわかる。

 今回発表されたモニターつきのバッグは、まさにファッションとテクノロジーが進化する様子を描いた逸品となった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.