自動運転モードで走る車の車内で「性行為」をする様子を撮影&動画をネットに投稿したカップルを、アダルトサイトがSNSを使って公開処刑をして話題に。(フロントロウ編集部)

アダルトサイトが絶妙なツッコミ

 自動運転モードで走行中の車の車内で性行為に及んだうえ、後日、その一部始終を撮影した動画をいわゆるアダルトサイトで公開したカップルを、アダルトサイト側が思わぬかたちで全世界にさらして話題になっている。

 カップルが乗っていたのは米テスラ(Tesla)のModel Xで、性行為の最中、車は「オートパイロット」と呼ばれる"半"自動運転モードになっていた。

画像: アダルトサイトが絶妙なツッコミ

 テスラの公式サイトによると、オートパイロットは同じ車線内でハンドル操作、加速、そしてブレーキを自動的に行う機能のことで、「完全自動運転」ではないため、ドライバーは車を監視する必要や責任があるという。つまり、ハンドルから手を離して、監視を怠るのは違法行為。

 世界的大手アダルトサイトの「ポルノハブ(Pornhub)」は、自分たちのサイトにアップされた"自動走行中の車でセックスをする動画"が爆発的なヒットを記録していることをうけて、自社の公式インスタグラムで「君たちがオートパイロットがオンになった車のハンドルから両手を離したことを、(テスラ社のCEO)イーロン・マスクに報告する」とチクリ。

 恐らくカップルの危険行為が世間で賛否を呼ぶことは想定済みの、炎上商法を狙った宣伝だと思うが、そのおかげでイーロンの耳にもこの件が伝わったようで、イーロン本人がツイッターで「オートパイロットにこんな使い道があるなんて我々は考えもしなかった」と反応。

 ただし、このイーロンの発言が冗談とはいえあまりにも呑気すぎるとして、今度はイーロンが炎上してしまっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.