自分やパートナーのイニシャルをワンポイントで入れた「イニシャル・タトゥー」はセレブの間でも大人気。海外ではサイズや書体などがさまざまな、新しいデザインの「イニシャル・タトゥー」が出ているからチェックしてみて!(フロントロウ編集部))
画像1: セレブも大好きな「イニシャル・タトゥー」がますます進化!オシャレなタトゥーアイデア集

 パートナーや大切な家族のイニシャルをタトゥーで取り入れる「イニシャル・タトゥー」はポピュラーで、小さいシンプルなものをはじめ書体や太さ、大きさなどいろいろあるけれど、人気がゆえにますますデザインが豊富になってきている。

 また、タトゥーを取り入れる場所も手やデコルテなど、アイデアはいろいろ。

セレブも「イニシャル・タトゥー」が大好き

 セレブも「イニシャル・タトゥー」を取り入れていて、女優でモデルのカーラ・デルヴィーニュは、タトゥー・アーティストのバン・バンが手掛けた、名前“カーラ・ジョスリン・デルヴィーニ(Cara Jocelyn Delevingne)”の頭文字をとった“CJD”の「イニシャル・タトゥー」を手の平の側面に。

画像1: セレブも「イニシャル・タトゥー」が大好き
画像2: セレブも「イニシャル・タトゥー」が大好き

 グラミー賞を受賞したシンガーのアデルは、右耳の後ろに“A”の「イニシャル・タトゥー」。これは、息子“アンジェロ(Angelo)”君のイニシャルといわれている。

画像3: セレブも「イニシャル・タトゥー」が大好き
画像4: セレブも「イニシャル・タトゥー」が大好き

 海外のオシャレで新しい「イニシャル・タトゥー」のデザインをチェックしてみて!

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.