メイクのなかでも、アイシャドウはグラデーションや発色などの微妙な差で仕上がりの印象が大きく変わってくるから、納得がいくように仕上げるのがなかなか難しい部分。海外のビューティ・エキスパートがメイクツールの使い分けを紹介!(フロントロウ編集部)
画像: どのメイクツールが正解?アイシャドウを美しく仕上げるベストな方法

 コスメ売り場にいっても「メイクツール」の売り場は充実していて、スポンジや筆などバリエーションが豊富。いろいろと試したくなるけれど、どれを使うのが本当にいいのか、わからないまま使っている人も少なくないのでは?

 とくに、アイシャドウをつけるときは、アイシャドウに備えつけられているチップを使うという人もいれば、筆や指を使ってみる人も。どの使い方が良いのか、海外のビューティ・エキスパートがアドバイス。

アイシャドウチップは発色に

 アイシャドウに備えつけられているものといえば、スポンジチップ。コンパクトにおさまるようミニサイズのものがほとんどだから、つけにくいと思う人も。

画像1: アイシャドウチップは発色に

 けれど、備えつけのスポンジチップは、ブランドがそのアイシャドウをつける上で一番ぴったりのスポンジの硬さ、形状で設計されているものが多いので、実際のところ、そのアイシャドウをきちんと発色させて使うのにオススメなのだそう。

画像2: アイシャドウチップは発色に

 チップは狙った場所にアイシャドウの色をおきやすいのも利点。柄が短くて使いにくいときは、自宅用に柄が長いスポンジチップを用意しておくと良さそう。

アイシャドウブラシでなじませる

 アイシャドウの色をブレンドさせたり、目の周りに陰影をつけたり、グラデーションを美しく作るときにオススメなのは、アイシャドウブラシ。

 陰影をつけたいときは肌になじむまで円を描くようにブラシを使うなど、自然に見えるようになじませることがポイント。

画像1: アイシャドウブラシでなじませる

 アイシャドウブラシにもいろいろな種類があるけれど、目の輪郭など、色をしっかりと発色させたい部分には平らになっている筆がオススメなのだそう。

画像2: アイシャドウブラシでなじませる

 アイシャドウブラシは2、3本ほど持っていると便利なのだとか。陰影をつけるためのブラシ、発色させるためのブラシのほかに、ベースとなるアイシャドウをつけるブラシもオススメなのだそう。

指は、クリームタイプをより密着させる

 アイシャドウがクリームタイプのときは、指でつけるのがオススメで、指の温度がクリームに伝わることで、より肌になじむようになるという。

画像1: 指は、クリームタイプをより密着させる

 アイシャドウにアプリケーターがついているときは、一度ケースの蓋などにアイシャドウをのせてから指になじませるようにすると、指につけすぎるのも防ぐことができるそう。

 注意点は、指の菌を目の周りにつけないように、清潔に洗った手で行なうこと。また、目の周りはほかの肌よりも繊細なので、こすったり引っ張ったりしないように気をつけて。

画像2: 指は、クリームタイプをより密着させる

 アイシャドウのタイプや目的にかかわらず、つけ方の使い分けをしていなかったなら参考にしてみて。仕上がりが変わるかも。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.