ビヨンセが一夜にして「330億円」を手にした。エンターテイメント界での活動とは別にビヨンセが巨額を手にしたそのワケって?(フロントロウ編集部)

 シンガーのビヨンセといえば、夫でラッパーのジェイ・Zと2人合わせた想定資産が約950億円にのぼると言われ、セレブ界きってのお金持ちとして知られている。そんなビヨンセをさらに裕福にするできごとが。

画像: ビヨンセ、一夜にして「330億円」を手にしたのは「配車サービス」のおかげ

 ビヨンセが今回手にしたのは、なんとその額約330億円(3億ドル)。新たにアルバムを発売したわけでも、ツアーを始めたわけでもないのに、ビヨンセがこの額を得たワケとは?

ビヨンセが巨額を得た理由

 ビヨンセがこの巨額の資産を手にしたのは、なんと投資のおかげだという。彼女が所有していた株は、配車サービスを展開する「Uber(ウーバー・テクノロジーズ)」のもの。先週の金曜日に「ウーバー」がニューヨーク証券取引所に上場したことをうけ、株価が上昇。ビヨンセもこの恩恵を受けた。

画像: ビヨンセが巨額を得た理由

 といっても、ビヨンセは自身で株を購入したわけではない。彼女は以前、ウーバーが開催したプライベートパーティでパフォーマンスをした際、6億6,000万円(600万ドル)の出演料の代わりに、同額に相当する同社の株の1パーセントを受け取った。それが、今回330億円もの価値に膨れ上がったという。

 ビヨンセのほかにも、俳優のアシュトン・カッチャーやグウィネス・パルトロウなどがウーバーの上場によって多額の資産を手にしたと報じられている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.