映画『アラジン』のジャパンプレミアのために来日している俳優のウィル・スミスが、ジーニー役を務めるまでの経緯を語った。(フロントロウ編集部)

ウィルが『アラジン』のPRで来日中

 映画『アラジン』の公開に先立ち、5月16日に行なわれたマジックカーペットイベント、翌17日に試写イベントに参加するために来日しているウィル・スミス。『アラジン』でのウィルの役どころは人間ではなく、ランプの精ジーニーという、今までとは全く違う役柄。

 ウィルは当初『アラジン』の話をもらった時、ほかの映画のオファーも舞い込んでいた状況で、ジーニーのオファーを受けようか迷っていたという。

 そんな父親の背中を押したのが、ラッパーとして活躍する息子のジェイデン・スミス。ジェイデンは自分の父親にジーニー役のオファーが来たことに驚いたようで、「なんで、ジーニーを演じられるチャンスがあるのに、他の脚本を見るんだ」と問い、ウィルがジーニー役を引き受けるためにひと役買ったと、英Heartに語った。

 実際ウィルがジーニーを演じることは、大きな話題になり、世界的に注目されることに。そんなウィルがジーニー役を務める映画『アラジン』は、日本で6月7日に公開される。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.