映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』でキーパーソンのひとりとして活躍した、ベネディクト・カンバーバッチ演じるドクター・ストレンジのMCU単独映画『ドクター・ストレンジ』にカメオ出演した可能性のあるキャラクターとは?(フロントロウ編集部)

『ドクター・ストレンジ』に未来のヒーローが!

 5月17日の『金曜ロードSHOW!』で放送される、MCU映画『ドクター・ストレンジ』には、ファンを興奮させる仕掛けが隠されている。

 大ヒット公開中の映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』と全作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で、最凶の敵サノスを倒すための重要なキーパーソンとしてアベンジャーズとともに戦ったドクター・ストレンジ。

画像1: 『ドクター・ストレンジ』に未来のヒーローが!

 ベネディクト・カンバーバッチ演じるドクター・ストレンジ(スティーヴン・ストレンジ)の単独映画『ドクター・ストレンジ』は、2017年に公開されたが、この劇中に未来のヒーローである、キャプテン・マーベルに関するヒントが隠されていたと、ファンが推測している。

※ここから映画『ドクター・ストレンジ』と『キャプテン・マーベル』のネタバレが含まれます。

画像2: 『ドクター・ストレンジ』に未来のヒーローが!

 ファンの憶測が広がるヒントが隠されているのは、映画冒頭。天才外科医だったスティーヴン・ストレンジが、ハイスピードで運転中に患者のレントゲンを見るシーン。

 電話越しに聞こえる声が3人の患者の情報を伝えるのだが、そのうちのひとつに、「雷に打たれた22歳女性、統合失調症をコントロールするために脳に機械が埋め込まれています」というセリフがある。

 これが、のちの2019年に公開された『キャプテン・マーベル』でブリー・ラーソンが演じた主人公キャプテン・マーベル(キャロル・ダンバース)のことなのではないかという仮説が盛り上がっている(※)。
※この時点で、すでにブリー・ラーソンがキャプテン・マーベルを演じることが正式に発表されている。

画像3: 『ドクター・ストレンジ』に未来のヒーローが!

 患者の情報から見ると、たしかにキャプテン・マーベルは女性。22歳であるかは定かではないが、若いことは確か。さらにキャプテン・マーベルは、クリー人によって意図的に記憶を消されたため、統合失調症の症状を引き起こす機具が脳に埋め込まれた可能性が考えられる。

 今となっては、『キャプテン・マーベル』が公開され、この仮説のつじつまが合わなくなってしまったが、『ドクター・ストレンジ』でメガホンを取ったスコット・デリクソン監督は、当時、米Entertainment Weeklyに否定も肯定もしなかったことから、少なくとも同じMCUに登場する未来のヒーローを引用したと信じられている。

 ちなみに、3人の患者のもうひとりは、「30代の空軍大佐。試作の武器に巻き込まれ脊髄を損傷した模様」と説明されており、これが、2016年の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で両脚を負傷したウォーマシンなのではないかとも言われている。

 『ドクター・ストレンジ』は、主演のベネディクトとスコット監督が続投する続編の制作が決まっている

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.