日本で6月7日に公開される映画『アラジン』のプロモーションのために、ジーニー役を務める俳優のウィル・スミスと作曲家のアラン・メンケンが来日。しかし、なぜアラジンとジャスミンを演じたナオミ・スコットとメナ・マスードは、日本に来なかったのか?(フロントロウ編集部)

ウィルと一緒に主演2人が来日しなかった理由

 ディズニーの名作である映画『アラジン』のプロモーションのために、5月16日に行なわれたマジックカーペットイベントと、17日の試写イベントに出席するために日本を訪れている俳優のウィル・スミス

 これまでフランスやロンドン、そしてヨルダンで行なってきた『アラジン』のプレミアには、ウィルを含め、アラジン役のメナ・マスードとジャスミン役のナオミ・スコットの3人セットで必ず登場してきた。

画像: フランスでのプレミアの様子。

フランスでのプレミアの様子。

 しかし、日本で行なわれた『アラジン』のイベントにはメナとナオミの姿はなかった。2人はなぜウィルと一緒に来日しなかったのか。そこには理由があった。

メナとナオミが来日しなかった理由とは

 じつはメナとナオミは日本からはるか遠く離れたメキシコでプロモーション活動を行なっていたから。今回は日本組とメキシコ組で分かれていたようで、日本はウィルと作曲家のアラン・メンケン。メキシコはメナとナオミがプロモーションを担当した。

画像: メキシコでのナオミ・スコットとメナ・マスード。

メキシコでのナオミ・スコットとメナ・マスード。

 残念ならが今回の『アラジン』の日本プロモーションでは、キャストが揃うことはなかったけれど、ウィルとアランは公の前で初めて挿入歌の即興セッションを行ない、会場を多いに盛り上げた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.