北米の映画ランキングで3週連続1位を獲得していた『アベンジャーズ/エンドゲーム』が、ついに首位から陥落。映画界を塗り替える驚異的なメガヒットで快進撃を続けていた同作からトップを奪ったのは?(フロントロウ編集部)

『エンドゲーム』を抑えて1位に輝いたのは

 『アベンジャーズ』シリーズ最終章のMCU映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、オープニング興行収入から歴史的メガヒットを記録しており、5月19日時点で全米の歴代興行収入では、2009年の『アバター』を抜いて2位となった。

 全世界の歴代興行収入においても『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、長らく1位に君臨する『アバター』の27億8,800万ドル(約3,070億円)に迫る、26億1,690万ドル(約2,879億円)を記録(※Box Office Mojoより。5月21日現在)。『アバター』を超えるのは時間の問題と言われている。

画像1: 『エンドゲーム』を抑えて1位に輝いたのは

 北米の映画ランキングで公開から3週間連続でトップを走っていた『アベンジャーズ/エンドゲーム』だが、今週、この記録がついにストップ。

 5月17日に全米公開され、10月に日本公開を控えるキアヌ・リーブス主演の最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』がオープニング興行収入で約63億円を記録して、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の4週連続1位を阻止。ランキング首位から陥落して2位となった。

画像2: 『エンドゲーム』を抑えて1位に輝いたのは

 『ジョン・ウィック』シリーズ3作目『ジョン・ウィック:パラベラム』は、シリーズ最高のオープニング興行収入を記録する大ヒット。絶好調の同作は、4部作となる『ジョン・ウィック4(仮)』の公開が決定。2021年5月21日に全米公開されることを、配給会社のライオンズゲートが発表した。

画像3: 『エンドゲーム』を抑えて1位に輝いたのは

 ちなみに、『ジョン・ウィック:パラベラム』は、3月に『アベンジャーズ/エンドゲーム』のポスターをネタにしたツイートをして、王座を奪取した作品を茶化していた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.