セレブをはじめ海外では「日本語」や「漢字」のタトゥーがクールだと人気。最近はどんな「日本語のタトゥー」が人気なのかチェック。(フロントロウ編集部)

 日本人からすると、なぜその日本語なんだろうと不思議に思うこともある、「日本語タトゥー」。

 けれど、新日家で知られるジャスティン・ビーバー『曲』の文字を腕に入れていたり、 アリアナ・グランデも新曲「7rings(セブン・リングス)」にちなんで日本語訳を省略した『七指輪♡』を手の平に入れていたり、海外で日本語のタトゥーは人気。

画像: 海外でホットな「日本語タトゥー」ってどんなもの?最新トレンドをチェック!
画像: ©Ariana Grande/ Instagram

©Ariana Grande/ Instagram

海外のオシャレな「日本語タトゥー」をチェック!

 海外では、「日本語タトゥー」は入れる場所もカラーもさまざま。最近の海外のオシャレな「日本語タトゥー」をチェックしてみて。

指に小さく『親友』

 マイリー・サイラスの妹ノア・サイラスが取り入れたのは、タイニータトゥーでさりげなく取り入れた「日本語タトゥー」。キレイな読みやすい書体で『親友』と入っている。指を閉じていると見えない側面に入れているのがオシャレ。

 このタトゥーは、ジャスティン・ビーバーやケンダル・ジェンナーをはじめセレブから絶大な信頼を寄せられているタトゥーアーティストのジョンボーイが手掛けたもの。

手首内側に『愛』

 ハートマークのタトゥーがポピュラーなので、「愛」を取り入れるのもなるほどな発想。

肩に『家族』

 自分が大切にしているものを「日本語タトゥー」で。ノースリーブのトップスを着たときにチラッと見えそう。

ホワイト・タトゥーの『白』

 漢字の『白』をホワイト・タトゥーで入れている。漢字の意味を理解している、ユニークなデザイン。

赤色で『火』

 こちらは赤色で漢字の『火』を、くるぶしや足首に。

足首内側に『音楽』

 ミニマルさがスタイリッシュ。

 漢字一文字や二文字に想いを込めた「日本語タトゥー」がファッション性もあって人気みたい。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.