ティーンを中心に若者から絶大な人気を誇るディズニースターのダヴ・キャメロンが、先日、インスタグラムにアップした長文メッセージに綴った内容とは?(フロントロウ編集部)

ダヴ&ファンにとって嬉しい報告

 ディズニー・チャンネルのオリジナル映画『ディセンダント』で知られる女優兼シンガーのダヴ・キャメロンがインスタグラムを更新し、自身が抱えるメンタルヘルスの問題に関する近況報告を行なった。

 「すごく幸せな気分。今、自分の人生にとても満足してる。ここまで自分のすっぴんを愛せるようになったのは初めて。それもこれも、自分のスピリットやパワー、才能、仕事ぶり、感情、他人と打ち解ける能力、そして私という人間に100%価値を見出せるようになったから。やっと自分のことを『美しい』と思えるようになった。ここにたどり着くまでに色々あった。私が言いたいのは外見的なことだけじゃないの。だから勘違いしないでね。自分の心と体、すべてにおいて『幸せ』を感じられるようになったのと同時に、『美しい』と“感じられる”ようになったの。視界を遮るものがなくなったし、今この瞬間も(人として)成長している。悲しみや混乱から抜け出すこともできた」

 じつはつい最近、英ASOS magazineのインタビューで不安症やうつ、摂食障害、身近な人の死や不幸な出来事、私生活でスポットライトを浴びることへのストレスなど、様々な問題と向き合っていることを打ち明けていたダヴ。

 すべての問題から解放されたわけではないかもしれないが、晴れやかな表情で映るすっぴん姿の動画からは、長文メッセージに書いてあった言葉通り「幸せ」がにじみ出ていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.