ディズニー/ピクサーの人気シリーズ『トイ・ストーリー』の英語版で主人公ウッディの声を担当する俳優のトム・ハンクスがウッディをモチーフにしたタトゥーを入れた男性に遭遇。(フロントロウ編集部)

 7月に公開される『トイ・ストーリー4』でも前作に引き続き、主人公のカウボーイ人形ウッディの声を担当するトム・ハンクスがシリーズの大ファンの男性と対面。

 映画に登場するウッディとほぼ同じくらいのサイズのイラストを胸の中心からあばらにかけてタトゥーとして体に刻んでしまうほど“ウッディ愛”が強い男性に出会ったトムは、すかさずツーショットを撮影。

View this post on Instagram

Well, howdy partner! Where’s Buzz? Hanx

A post shared by Tom Hanks (@tomhanks) on

 ウッディの口調を彷彿とさせる「やあ、相棒! バズはどこだい? 」というコメントとともに自身のインスタグラムで公開した。

 トムのコメントにある“バズ”とは、もちろん、ウッディの親友でスペース・レンジャーのアクション人形のバズ・ライトイヤーのこと。

 この写真には、最新作『トイ・ストーリー4』の公開を心待ちにしているフォロワーたちからたくさんの反響が集まった。

 余談ではあるが、セレブにも『トイ・ストーリー』のファンすぎて、同作にまつわるタトゥーを入れてしまったカップルが。

5月頭に結婚した人気兄弟バンド、ジョナス・ブラザーズのジョー・ジョナスとドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の女優ソフィー・ターナー夫妻は、結婚前に、つなげるとバズの名ゼリフである「To infinity & beyond(無限のかなたへ)」となるカップルタトゥーを入れたことで話題になった。

画像: ジョー・ジョナス&ソフィー・ターナー

ジョー・ジョナス&ソフィー・ターナー

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.