ワン・ダイレクションのリアム・ペインが実行していた、新米パパとしての仕事とは?(フロントロウ編集部)

 ワン・ダイレクションのメンバーであるリアム・ペインは、2017年5月に恋人であるシェリルとの間に第1子となる男の子が誕生した。その後、2018年7月にカップルは破局したけれど、協力して子育てをしている。

画像: 1Dのリアム・ペインが明かした「パパの仕事」が『夫の鏡』と話題

 そんななか、先日2歳になったばかりの息子の子育てについて、リアムがパパとしての秘訣を、米Us Weeklyに明かした。

 「父親として、はじめは、子育てに関われていると感じるのは難しかったよ」と、子育てをしたいけれど、新米パパとして悪戦苦闘していた過去を明かしたリアム。しかし彼はその後、父親として「やるべきこと」を見つけたという。

「僕の父親としての秘訣は、料理だね。妻のために料理をすることは、妻を世話してるってこと。そして妻は子供の世話をする。つまり、妻をサポートすることが、家族みんなをサポートしているってこと。家族のために役に立ちたいからね。だから料理は、僕には新米パパの最初の1歩として重要だったよ」

 そんなリアムの得意料理は、パンケーキやポーチドエッグなど、実用的な「朝ごはん」だそう。

 23歳で子供が生まれ、子育てをするなかで、自分の「やるべきこと」を理解して実行したリアム。夜中の2時過ぎに息子のおむつを替える様子を報告したこともあるリアムは、息子の誕生は人生で最高の瞬間だったと、フロントロウのインタビューで答えていた。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.