日差しが強くなって肌の露出が増えてくると、これまでと同じメイクだと、顔だけが浮いてしまうことも。人気モデルのケンダル・ジェンナーのような、健康的に日焼けしたナチュラルな美人顔をつくるメイクテクをプロが紹介。(フロントロウ編集部)
画像: コスメひとつで、春夏にぴったりのセクシーな美人顔に!メイク技をプロが伝授

 ふんわりした肌に上気したような頬もかわいいけれど、日差しが強くなって肌の露出も増える春夏には、ツヤがあって日焼けしたような、健康的なメイクのほうがマッチする。

 人気モデルのケンダル・ジェンナーをはじめ、ベラ・ハディッドら多くの人気セレブを手掛けるメイクアップ・アーティストのメアリー・フィリップスが、たったひとつのコスメを使って、春夏にぴったりのセクシーでナチュラルな美人顔をつくるメイクテクを紹介。

「ブロンザー」を使って健康的な美人顔に

 メアリーがオススメのテクは、「ブロンザー」を使うテク。「ブロンザー」とは、肌より暗い色のメイクアップ・パウダーで、ブロンズ肌(日焼け肌)をつくるためのコスメ。肌を焼かずに日焼け肌を演出することができる。

画像1: 「ブロンザー」を使って健康的な美人顔に

 顔に立体感をつけるシェーディング用のパウダーとも似ているけれど、シェーディングがマットなものが多いのに対して、ブロンザーはキラっとしたツヤがでるパール感があるものが多い。

画像2: 「ブロンザー」を使って健康的な美人顔に

 メアリーは、春夏にぴったりのメイクをするには、この「ブロンザー」がカギになると米メディアrefinery29に話し、効果的に「ブロンザー」を使って、まるで日焼けをしたような健康的でセクシーなメイクに仕上げる技を紹介。

 メアリーいわく、「ブロンザー」は、顔のどこにのせるのかがポイントになるのだという。

画像3: 「ブロンザー」を使って健康的な美人顔に

 「ブロンザー」をのせるべき場所は、太陽の光が自然に当たる、頬の高い位置と、鼻筋。普段はハイライトをのせるような場所に、肌よりワントーン暗く、そしてパール感のある「ブロンザー」を使うことで、まるで日焼けしたように演出し、露出した肌もヘルシーに、しかもツヤでセクシーな印象を与えるメイクに仕上がるのだそう。

 また、こめかみの髪の生え際あたりにも「ブロンザー」をのせると、すっきりとした小顔に演出することもできるという。

画像4: 「ブロンザー」を使って健康的な美人顔に

 今までのメイクが太陽の光の下で違和感を感じるようになってきたら、メアリーがオススメする「ブロンザー」を使ったメイクにトライしてみては。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.