6月6日にリリースされた故アヴィーチーの遺作『TIM』に収録されている楽曲に、誰しもが耳にしたことがある日本を代表する楽曲がサンプリングとして使用されていた。(フロントロウ編集部)

アヴィーチーの遺作に日本を代表する楽曲が

 2018年4月に訪問先のオマーンの首都マスカットで自ら命を絶ったプロデューサー兼作曲家のアヴィーチーことティム・バークリングが、遺作として楽曲「SOS」を4月11日に、アルバム『TIM』を6月6日にリリースした。

 アルバム『TIM』は、コールドプレイのクリス・マーティンやイマジン・ドラゴンズも参加しており、かなり豪華。

 そんなアルバムの収録曲のなかで、注目したい曲がある。それは、8曲目に収録されている「フリーク」という楽曲。この楽曲は、マーティン・ギャリックスともコラボしているシンガーのボンをフィーチャリングアーティストとして迎えており、日本人なら1度は耳にしたことがある「あの曲」をサンプリングしている。「フリーク」を聞いてどの曲がサンプリングされたかわかりますか?

画像: アヴィーチー、遺作に日本の「ある歌」を起用していた

 正解は、日本を代表する楽曲として知られる坂本九の「上を向いて歩こう」。この楽曲は、「Sukiyaki(スキヤキ)」として海外でも知られており、動画の52秒辺りから聞くことが出来る。実際に楽曲のクレジットを見てみると、「上を向いて歩こう」を作った永六輔や中村八大の名前があり、日本のファンにとっては嬉しいサプライズ。

 アヴィーチーの遺作となったアルバム『TIM』の純利益は、アヴィーチーの家族が立ち上げたメンタルヘルスに焦点を当てた、精神疾患と闘う人たちをサポートして自殺防止のための活動をする非営利団体「ティム・バークリング基金」に寄付される。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.