映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』に登場したトム・ヒドルストン演じるロキの単独ドラマの詳細が徐々に明らかになってきた。(フロントロウ編集部)

ディズニー+で配信される『ロキ』

 映画『マイティ・ソー』シリーズでMCUに初登場し、『アベンジャーズ』ではアイアンマンやキャプテン・アメリカ、ソーらアベンジャーズを脅かすヴィランとして登場したロキ。

画像: ディズニー+で配信される『ロキ』

 トム・ヒドルストンが演じたロキは、ヴィランであるうえ、幾度となく死ぬ設定にありながらも、ファンの熱いラブコールから何度もカムバックを遂げ、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と『アベンジャーズ/エンドゲーム』にも登場した、MCU史上最も愛されたヴィラン。

 そんなラブコールを受けて制作される単独ドラマ『ロキ(LOKI)』は、新たなストリーミングサービスであるディズニー+から配信される。

 トムがロキ役を続投する同作について、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長がウォルト・ディズニーの新作発表会に登壇し、ドラマのロゴデザインとともにストーリーのイメージ画を公開。

画像: twitter.com
twitter.com

 ドラマの原作となるとウワサされる『Journey Into Mystery』というコミックのタイトルに似ているテキストで描かれた『LOKI』というタイトルの下には、ロキらしき人物が地球にいるように見える。

 『ロキ』のストーリーは、人間の歴史にロキが迷い込み、様々なタイムラインを行き来することになるといい、そのひとつとしてイメージ画のロキの背後に1975年公開の映画『ジョーズ』のビルボードが見えるように、70年代が舞台になることも明らかになった。

 ディズニー+は、ドラマ『ロキ』のほかにも『The Falcon and theWinter Soldier(ザ・ファルコン・アンド・ザ・ウィンター・ソルジャー)』などMCU映画に深く関連したキャラクターの単独ドラマ化が発表されている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.