ここ数年で少しばかりふっくらしたラッパーのカニエ・ウェストが、ダイエットに関する独特すぎる見解を明らかにした。(フロントロウ編集部)

ダイエットじゃなくて…

 カニエ・ウェストが、自身が抱えるメンタルヘルスや家族といった、重いテーマについて赤裸々に語ったNetflixのトーク番組『デヴィッド・レターマン:今日のゲストは大スター』に出演。そこでダイエットに関するなんとも独特な見解も明かした、

 番組冒頭、食事の話に発展したところで体重について聞かれたカニエは、「理想より20lb(約9㎏)超え」だと語り、少々太り気味なことを認めた。

 2018年に脂肪吸引を受けていたことを告白したカニエは、ここ数年で体重がかなり増量。そんな会話からダイエットの話になると、カニエはこんなことを口にした。

 「僕はダイエットをリヴィット(Live-it)と呼んでいるんだ。ダイエットって言葉には死ぬという言葉が入っているからね」

 「ダイエット(Diet)」という言葉には、ダイ(Die=死ぬ)という単語が含まれていることから、ダイを「死ぬ」の反対語である「リヴ(生きる=Live)」に置き換えた「リヴィット」という造語を作ったカニエ。

 ダイエットにさえ独特の持論を展開するカニエに対して、ホストのデヴィッド・レターマンは、「ダイエットして死んだら困るもんな」と絶妙な返しをして観客を沸かせた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.